スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤドンでは出来ないかもしれないFRLG乱数 個体検索編


個体を検索する方法としては、

初期SEEDから「RNGReporter」を使って検索する方法と、

目標の個体のSEEDを「初期SEEDの取得」を使って検索する方法があります。

まずは、手持ちのSEEDからRNGReporterを使って調べるのがいいと思います。

まずはツールの解説から

RNGReporter

例として自分が今乱数している図太い自然回復4V1Uラッキーを出力しました。

左上の方から解説

Method・・・固定ならMethod1 野生ならMethod H-1(Gen3)
Encounter Type・・・
Wild Pokémon→草むら Surfing→波乗り Old Rod→ボロのつりざお Good Rod→いいつりざお Super Rod→すごいつりざお Stationary Pokémon→固定シンボル Safari Zone→ホウエン地方のサファリゾーン
Synchronize・・・FRLGではシンクロは効かないのでNone
Max Results・・・検索フレームの上限
Starting Frame・・・検索フレームの下限
Seed(Hex)・・・検索する初期SEED

Generate・・・検索開始

HP~Spe・・・上からHABCDS None→無指定 ==→同値 >=→以上 <=→以下
ID・・・表ID SID・・・裏ID
Shiny Only・・・色違いのみの検索
Synch Frames Only・・・シンクロ効かないので無視

Nature・・・性格 Any→無指定
Ability・・・特性 Ability0→性格1 Ability1→性格2
Encounter Slot・・・出現スロット GBAエンカウント等で調べましょう
Gender・・・性別 Male→♂ Female→♀

Frame・・・出現フレーム
Time・・・フレームの時間換算
Encounter Slot・・・出現スロット
PID・・・いわゆる性格値
Nature・・・性格
Ability・・・特性 上記参照
HP~Spe・・・左からHABCDS
Hidden・・・めざパのタイプ
Power・・・めざパの威力

触れてないところは気にしなくて大丈夫です。

1つずつSEEDを検索して目標となる個体を見つけましょう。



初期SEEDをかなり集め終わったと思ったら、高個体値が出るSEEDから自分の手持ちのSEEDを当たってみましょう。

使うツールは「初期SEEDの取得」(みずドラ様作成)です。

解説は作成者様自身がされているのでそちらを参考に→みずドラ様のブログ

出力されたSEEDをメモ帳でCtrl+Fで検索すると早いです。

ただ稀に存在しない個体が出力されてしまうらしいので、RNGReporterで最終確認した方がいいと思います。



ここで有効な方法としてキー入力を紹介します。

概要はこちらで→キー入力について

初期SEED収集編の冒頭で記述した通り、オープニングでボタンを押したり、サウンド等の設定変更で初期SEEDを変える(ずらす)ことが出来るのでそれを使用します。

原則としては、
2004 Pokemon の文字が出てる黒い画面でLorRボタンを1回押す
サウンド、ボタンモードの設定の変更

が現在使用されている(自分が使っている)キー入力です
(設定の変更をキー入力と呼ぶのは違和感がありますが)

キー入力するとSEEDが前後にずれます。但し、正確に何個ずれるというわけではないので目標のSEEDになるかどうかは分かりません。試行していくうちにどれくらいずれるか大体わかってくると思うので感覚と運で何とかしましょうw

初期SEEDをメモ帳で検索する際に、上2桁をCtrl+Fで検索して、下2桁をキー入力で調整する方法を自分は取っていました。

難しい操作ではないので積極的にキー入力していきましょう。


目標の個体が決まったら実際に捕獲へ移りましょう!→「捕獲編




スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わらばー

Author:わらばー
Twitter ID What_Lover_

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。